日本国内人気ラブドール代理店
¥

カート

ロード中

ラブドールの気持ちよさは「膣ホール」「気持ち」で決まる

Apr 15, 2022

ラブドールと気持ちいいセックスをするには、まず第1に膣ホールの気持ちよさが大切です。「ラブドールのオマンコに、気持ちいいオナホがついているかどうか」が、基本的には大切なのです。


ラブドールにオマンコをつけるには、以下の2通りの方法があります。


一体型ラブドール
「一体型」はラブドールに、見た目もオマンコな膣ホールが、等身大ドールの股間に彫りこまれているタイプです。なので入口が狭すぎて入らないとか、逆にガバガバ過ぎるとか、相性が悪くてもホールだけを取り替えられません。

でもホールの相性があえば、いちいち取り外ししたり、別途オナホを購入する必要もなく、ラブドールと最高のセックスができるでしょう。


脱着型ラブドール
「脱着型」はセックス人形の股間に、オナホを装着するための穴が開いているタイプです。そこに専用のオナホをハメるか、別途お気に入りのオナホを買ってセットしてセックスします。


オナホを選べるので、気持ちいいと感じるオナホで気持ちいいセックスが出来る確率が高くなります。一方でラブドールの股間にピッタリフィットし、自分にあったオナホが探せないと、気持ちいいセックスが出来ないです。


ですから膣ホールの具合が良ければ、ラブドールへの愛着が増し、まさに愛している女性と最高に気持ちいいセックスをしている感覚になれます。

こちらのラブドールを紹介したいと思います、この子の素材はシリコン+TPEですね、TPEの特徴である「柔らかさ」「弾力」に加え、顔やカラダの細部まで繊細なデザインが施されています。そしてシリコンドールのボディは、弾力はあるのですが少々固さもあるため、抱き締めてもどうしても人形っぽさが強くなってしまい、人間を抱き締めているような感触は味わえません。造形レベルは低価格帯のシリコンドールとほぼ変わらず、素材だけが異なるという感じですね。骨格や関節は人間と同じ作りにしてあるらしく、いろんな姿勢やポーズ、動作についてこれるとのことです。リーズナブルなのでコスプレやウィッグ用マネキンとしても、セックスパートナーとしても活用できます。オプションも充実しています。定番のメイクなどのオプションに加え、各パーツ(おっぱい、お尻、お腹など)のシリコン部分をくりぬいてジェルを注入し、柔らかさをさらにアップするなどユーザーの細かなニーズにも応えます。身長や体重だけでなく、顔のタイプや肌の色までカスタマイズできてしまいます。どうせなら、顔や体が理想に近い方が盛り上がりますよね。さらに、色々なプレイをして楽しめたら最高だと思います。

<< 女性ラブドールが反応しないセックスに興奮する

>> ラブドールセックスに興味を持つ男性が増る