カート0

ダッチワイフ (245)

リアルダッチワイフ意味:

リアルダッチワイフとは、いわゆるセックスツール、等身大の女性のような人形です。 主に男性の性交に使用されますが、観賞や写真撮影の対象として使用されることもあります。

語源

この用語の起源は、オランダの商人が妻から離れて長い時間を費やすインドネシアのオランダの植民地に由来すると考えられています。英語の Dutch wife(字義的には「オランダ人の妻」の意)は、アジアで使われている、竹や籐で編まれた筒状の抱き枕(竹夫人)を指す。

どうして日本でセックス用の人形をダッチワイフを呼ばれますか?今までよくわかりません。次にDutch wifeの種類を見てみましょう。

高級ダッチワイフ仕様

多くのリアルダッチワイフは等身大の女性のようです。 そのサイズは子供から成人までさまざまで、今は、アニメキャラクターの顔さえあります。半身タイプもあります。これは、オナニーの補助にのみ使用され、頭と手足を省略します。

今現在の高級 ダッチワイフは3つのホール(肛門、膣、口)を持つラブドールは四つの入り方を楽しめます。アナルセックス、オーラルセックス、パイズリ、通常セックス。◎5D技術を使って作られたホール。女性の膣、口、アナルの構造を模擬、設計し、製造できました。ホールは弾力がたっぷりあります。

インフレータブル式

本物人間の形をした、ビニール風船またはビニール製の浮き輪のような、空気を入れて膨らませる簡易式の人形で、古典的なものでもある。

ぬいぐるみ式

寝ているときに抱き締めたり、体に巻き付けたりできる、体の丈の長い枕(枕)や人間サイズのぬいぐるみにオナホールをつけたものであるが、各種パーツとして供給し、使用時合体させるタイプもある。

ウレタン製

全身を発泡ポリウレタンで形成したもの。少女程度の体格でも4kg程度と非常に軽量で、比較的頑丈である。基本構造上にラテックスなどで皮膚を貼った高級品も存在する。

ソフトビニール製

ソフトビニールで全身を整形したもので、基本的にはソフトビニール人形と変わらない。高級品についてはリアルドールとして扱われる場合がある。軽量で分解が出来るなど扱いやすく安価であるが、衣服からの色うつりが見られる。

tpe製 / シリコン製

骨格の上に軽量化の為の中子で肉付けを行い、表面をtpeもしくはシリコーンで覆ったタイプ。人間と等身大形状をもつものについては、現在「ラブドール」と呼ばれる事が多い。シリコン製の高級 ダッチワイフは全新リアルメイク付き、血管や赤み等はすべて塗装されて、人間のような肌模様も完全再現。通常の洗浄ではメイク落としは簡単ではありません。視線可動、指関節可動、ボディの骨格の可動範囲が広い。EVO新骨格:①正座が可能②女の子座りが可能③肩の上下可動が可能④腰から上の左右可動が可能 通常骨格と比べて可動範囲が非常に広く様々なポージングが楽しめます、足を180度開脚・M字開脚・体育座り・指先を曲げてピースをさせたりなど、通常の骨格ではできなかった動作・関節が人間と同様に様々なポージングを可能にしております。

1 2 3 4 ... 13